読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

New Life

いつまで経っても痩せられない!なりたい体にならない!という人のためのブログです。

痩せる秘密は乳酸菌にある?

 

こんにちわ、keiです!

 

 

今回はオススメしているすっきりフルーツ青汁に含まれている2種類の乳酸菌でどうやって痩せるのか、ご説明いたします。

 

 

 

 

まず、何故乳酸菌が痩せることにつながるのか

 

乳酸菌とは、代謝により乳酸を産生する細菌類の総称です。

主にヨーグルト、乳酸菌飲料、漬け物などの食品の発酵に寄与しています。一部の乳酸菌は腸などの消化管に常在して、他の病原微生物と拮抗することによって腸内環境の恒常性維持に役立っているんです。

 

 

 

 

って、なんだか難しいですよね(苦笑)

 

 

 

 

つまり、乳酸菌は発酵食品に含まれていて、私たちの消化管に潜んでいるバイ菌をやっつけて健康な状態を保つサポート役なんです!

 

 

病気になっていないのは乳酸菌のおかげなんですね。

 

 

そんな乳酸菌がどうせいて痩せることにつながるのか?

 

 

 

それは便秘に関係しています。

 

 

 

 

え、便秘の話?って思うかもしれません(笑)

 

でもダイエットと便秘って切っても切れない関係にあるんです。

 

 

 

便秘症の割合ってご存知ですか?

 

 

実は日本人の8人に1人は便秘症なんです!!

 

 

 

クラスに最低3人は毎日悩まされているんですね。

 

そんな私もその一人です(小声)

 

 

 

 

男性より女性に多い便秘症。

出ない時は1週間ぐらいお腹に溜めた状態のときも・・・!

 

 

それこそ病気になってしまいます。

 

 

腸内にそんな邪魔なものを溜め込んでいたら痩せられるわけないですよね。

 

 

 

 

 

 

その溜まって動こうとしない老廃物を押し出す手助けをしてくれるのが乳酸菌。

 

 

 

すっきりフルーツ青汁には2種類の乳酸菌が含まれています。

 

 

それは生きたまま腸まで届く

「ラクリス乳酸菌」と「スポルス乳酸菌」です。

 

 

「ラクリス乳酸菌とは」

 

有胞子性乳酸菌の1種で善玉菌の働きを助ける作用をします。

乳酸を作り出す力が強い乳酸菌で、有胞子性乳酸菌は、従来の乳酸菌にはない優れた性質を持っているんです。



一般の乳酸菌は熱や酸素などに対する安定性が低いため、その利用も一部の食品に限定されてしまいますが、この有胞子性乳酸菌は胞子を形成するため安定性が高く、また乳酸生成能力にも優れていることから、ほとんどの食品全般に利用できます。

 


口から入った有胞子性乳酸菌は、胃酸や胆汁の刺激を受けて腸管内で発芽し、活発な栄養細胞となって増殖します。

その間、乳酸発酵によって乳酸を産生します。


有胞子性乳酸菌の摂取を中止すると、約1週間で減少し排泄されます。

 

つまり、継続することが大切なんですね。




 

「スポルス乳酸菌」

 

スポルス乳酸菌は通性嫌気性細菌で、周毛性で運動能力のある鞭毛をもつ有胞子菌です。

酸・熱・紫外線などに非常に強く天然のマイクロカプセルの様な機能があります。

 

つまり、胃酸で溶けたり熱で効果が薄れたりしない強い菌なんですね。

 

また、この乳酸菌には整腸作用に特化しているのでまずラクリス乳酸菌で善玉菌を増殖させ、スポルス乳酸菌で良い状態を保ってくれているんです。

 

 

 

 

 

この優秀な2種類の乳酸菌が含まれるすっきりフルーツ青汁

 

 

便秘に悩まされている女性には最適のダイエット食品だと思います!

 

 

便秘が解消されたら肌荒れの解消にもなりますから一度試してみては?

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓